失業保険(雇用保険)と手続きの流れ

  • HOME > 失業保険と手続きの流れ

国が支払う、失業中の助成金のことです

 失業保険とは、失業中に次の就職先を探すまでの間、生活や就職活動を支えるため国から支払われる助成金です。
 退職して収入がなくなってしまったら生活できませんから、"国が最低限の生活は保障しますよ" ということです。

とは言っても、実は誰でも失業保険を受けられるわけではなく、受給条件を満たしている必要があります。
ここで、あなたも受給できるかどうか確認してみましょう。


雇用保険に加入していたかどうか

 失業保険を受け取るには雇用保険に加入していなければなりません。 確認方法は給与明細で分かります。

 雇用保険料が引かれていたら支払っている証拠です。もし加入していなかった場合、残念ながら給付を受けられません。

 雇用保険の必要加入期間は、自己都合の場合は1年以上、会社都合でも半年以上が必要です。
(非正社員の場合は、2010年4月1日から「週20時間以上の所定労働、6ヶ月以上の雇用見込み」から「週20時間以上の所定労働、31日以上の雇用見込み」に雇用保険の適用が拡大されました)

 転職していた場合は、前の会社と支払い期間を合算することができます。
ただし、以下の場合は合算できません。

・過去に失業保険を満額受給した。(満額でなければ残り分を受給できる)
・退職したが、再就職までに1年以上間隔が空いてしまった。

 正確な支払期間を知りたい場合はハローワークに出向いて身分証明をすると教えてくれます。
(ただし、個人情報保護の関係で、電話では教えてくれません。)


@失業保険給付の手続き

 失業保険の手続きは退職後、ハローワークで行います。
(退職後、すぐに行ってください)
この日を「受給資格決定日」と呼びます。


A手続きに必要なもの

1・離職票
 (退職後、10日以内に会社から「離職票」が送られてきます。送られてこない場合は催促しましょう!  それと、ここには"自己都合退職"か"会社都合退職"かが記載されていますので、忘れずに確認してください
2・雇用保険被保険者証(本人が持ってない場合は会社が保管しています)
3・印鑑
4・運転免許証又は住民票の写し
5・預金通帳
6・写真(縦3×横2.5cm程度)


B手続き後

 手続きが終わるとその後1週間の「待期期間」があります。
待期期間を過ぎるとハローワークで受給に関する説明が行われ、
「雇用保険受給資格者証」「失業認定申告書」が渡されます。
 これらは受給の際に必要ですので、大切に保管しましょう!


C認定日

 説明会の数日後、ハローワークに現在の就職状況の説明に行く日があります。これを「認定日」と言います。 その後は4週間(28日)おきに認定日があり、給付対象となるかの審査が行われます。
 認定日に行かないと最悪の場合給付を受けられなくなってしまいますから、行けない場合はハローワークに連絡しましょう。


 ここまで、退職後の「失業保険手続き」から「認定日」までを説明しました。
次は、「失業保険の給付」について解説します。

 自己都合と会社都合の給付条件の違いが出てきます。
詳しくみていきましょう!
失業保険の給付について

≪スポンサードリンク≫


PR-失業保険