失業保険(雇用保険)、自己都合退職と会社都合退職


知らないと損をする 失業保険

 リストラやパワハラで退職に追い込まれたとき、あなたは上司から『辞表』の提出を強要されませんでしたか?
 多くの人が "辞める時は辞表を書くのは当然" と思っていますが、それは違います。

この場合、辞表の要求は会社が仕掛けた"罠"です。



自己都合退職

「他にやりたい仕事があるので転職しよう」 とか、
「もっと給料のいい会社に行こう」
 これは"自分の都合"で辞めるので、 「自己都合退職」 です。
自分の意志ですから辞表を書くわけです。
これは問題ないですね。


会社都合退職

 一方、
「お前、この会社じゃやっていけないよ。」 とか、
「業績悪化で社員をカットすることになった。君、分かるよね。」
 こういった、辞めざるを得ない状況に追い込まれ退職する時は自分の意思ではないので 「会社都合退職」 になります。
自分の意思ではないので辞表を書く必要はありません。
 しかし、退職=辞表 と思っている人が大半ですから、皆さん普通に辞表を書いてしまいます。 ここがポイント。

 聞いてください、会社都合の場合は「一身上の都合で…」なんて辞表を書いてはいけません!

なぜか。

 自己都合と会社都合では同じ退職でも失業保険(雇用保険)の給付額が大きく異なるからです。(詳しくは後ほど)

ではなぜ会社は会社都合にも関わらず辞表を書かせるのか…。

 自己都合の場合、会社は何ら非がありません。社員の都合で辞めていくわけですから。しかしこれが会社都合退職となると会社にとって都合が悪いのです。

−会社都合退職にさせたくない理由−

  • ・ハローワークで求職者に会社を紹介されなくなる可能性があり、
     雇用に影響が出る。
  • ・自己都合の場合退職金を抑えられるが、会社都合の場合退職金
     上乗せの請求をされてしまう可能性がある。
  • ・健全な会社とは見られず、行政からの助成金がカットされる。
  • ・辞めさせる側のエゴ。(彼は自己都合で辞めたと自分自身を納得させたい)

などが挙げられます。

 辞表を書かざるを得ない空気があったり、別にまぁいいか と思ってしまうこともあるでしょう。 しかしここはグッとこらえ、気丈にふるまってください。
失業保険の給付条件が全く違うわけですから。。


 その詳しい説明の前に、先ずは 失業保険の受給資格や手続きについて知ってみましょう!→ 失業保険と手続きの流れ

≪スポンサードリンク≫


PR-失業保険